一般社団法人 白石市観光協会 オフィシャルサイト[イベント情報]

宮城県白石市の観光イベントのご案内です。

白石市イベントカレンダー

  • こけし初挽き
  • 水芭蕉の森・どうだんの森開園式
  • 白石市民春まつり
  • 南蔵王夏山開き
  • 白石夏まつり
  • 鬼小十郎まつり
  • 白石城下菊花展
  • 全日本こけしコンクール/白石市地場産品まつり
  • しろいし蔵王高原マラソン大会
  • 白石市農業祭
  • みやぎ蔵王白石スキー場開き
こけし初挽き

[1月]こけし初挽き

こけしの初挽きは、木地師の始祖とされている小野宮惟喬親王を祀り、俗にこけし神社とも呼ばれる惟喬神社で開催される弥治郎地区の新年を飾る儀式です。 奉納工人は古式ゆかしい烏帽子装束に身を固め、山の神神社に参拝し身を清めた後、こけし神輿を従えてやってきます。
神事の後、神社前に仮設されたロクロに工人が向かい、真剣に初挽きこけしを仕上げます。出来上がったこけしは、惟喬神社に奉納されます。

[日程] 1月2日
[場所] 白石市弥治郎こけし村

カレンダー

水芭蕉の森・どうだんの森開園式

[4月]水芭蕉の森・どうだんの森開園式

水芭蕉の森は駐車場から近く気軽に観察できる事から人気があり、見ごろの4月中旬には訪れる人が絶えません。整備された木道を進むとハンノキの木の間越しに5万株の白い水芭蕉の大群生を見れます。
二つの群落とも近年明らかとなり、白石市で自然観察の場として木道を設置しました。広大なハンノキの湿地に白い妖精のように点々と花咲くミズバショウ、やや離れた場所にあるサラサドウダンの群生は県内屈指の景観を見せてくれます。一帯はスミレ類やネコノメソウ類、ツツジ類が豊富で、初春から晩夏まで野の花が楽しめます。

[日程] 開会式は4月上旬(積雪の状況による)
[場所] 水芭蕉の森・どうだんの森

カレンダー

白石市民春まつり

[5月]白石市民春まつり

春の白石を飾る「白石市民春まつり」のパレードは、42歳の厄年を向かえた市民が担ぐ神明社の神輿を先頭に、稚児行列や、各地区で受け継がれた伝統的な太鼓山車、子供神輿に大人神輿のほか、片倉鉄砲隊や、段ボールを材料に甲冑をつくる甲冑工房「片倉塾」の武者行列が続きます。
また、会場となる中心商店街では市民手作りの多彩なイベントが行われます。

[日程] 5月3日
[場所] 白石市中心部

カレンダー

全日本こけしコンクール/白石市地場産品まつり

[5月]全日本こけしコンクール/白石市地場産品まつり

全国のこけしを広く紹介宣伝し、こけしの美の鑑賞とその認識を更に深めると共に、工芸品としての優れた品質意匠および技術の向上を図り、観光工芸産業の振興発展を目的として開催されています。
このコンクールは50年以上の伝統と最優秀作品に内閣総理大臣賞が授与されることから、全国各地からこけし収集家やファンを集めています。
また、同時に開催される地場産品まつりは、白石市はもとより周辺市町の地場産品が一同に集まり即売され賑わいをみせています。

[日程] 5月3日~5日
[場所] 白石市文化体育活動センター

カレンダー

南蔵王夏山開き

[6月]南蔵王夏山開き

国定公園蔵王連峰の素晴らしさを満喫し、また、参加者相互の親睦を図ることを目的として、毎年五月下旬頃に七ヶ宿町と共同で開催しています。
コースは白石スキー場をスタートし、水引入道を登り、屏風岳を経て、不忘山から白石スキー場に戻る周回コースと、七ヶ宿町硯石から不忘山に登り、芝草平を通って刈田峠に至る縦走コースの2コースを隔年で実施しています。

[日程] 例年5月下旬~6月上旬の週末
[場所] 硯石~刈田峠のコースまたは白石スキー場~水引入道コース

カレンダー

白石夏まつり

[8月]白石夏まつり

白石夏まつりは、大勢の市民が参加する夏の一大イベントです。
特に、子供会や誘致企業などの20数団体が参加する白石音頭パレードは、歩行者天国となった商店街を各団体が趣向を凝らした衣装でパフォーマンスを繰り広げます。
翌日に行われる花火大会では、光の芸術が城下町白石の夏の夜空を飾ります。

[日程] 8月11~12日
[場所] 白石市中心部・白石川緑地公園

カレンダー

しろいし蔵王高原マラソン大会

[9月]しろいし蔵王高原マラソン大会

蔵王では毎年、大自然の高原を走るマラソン大会が開催されます。3km種目・5km種目・10km種目・20km種目などがあり、老若男女問わずたくさんの方が出場しております。
詳しくは、下記のホームページをご覧下さい。

[日程] 例年敬老の日前後
[場所] 国立南蔵王野営場
[ホームページ] http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/section/con-edu/kougen/index.html

カレンダー

鬼小十郎まつり

[10月]鬼小十郎まつり

大坂夏の陣で活躍し、鬼小十郎の名を馳せた二代目小十郎重長の活躍を真田幸村との激闘などで再現するもので、片倉軍、真田軍双方60騎の武者による合戦や火縄銃の演武など見所満載です。
また真田幸村が大坂城落城前夜自らの子女を小十郎重長に託した史実にちなみ、真田の姫「阿梅」の受け渡しをエキストラが演じます。
白石・米沢の物産展や戦国ゲーム体験会、甲冑試着コーナーなど、見どころ満載のイベントにぜひ一度足をお運び下さい。

[日程] 10月第1週の土曜日
[場所] 白石城
[ホームページ] http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/section/kikaku/onikojyuro/index.html
[問い合わせ] 白石城主片倉小十郎によるまちづくり実行委員会(白石市総務部企画情報課内)
[TEL] 0224-22-1324

カレンダー

白石市農業祭

[11月]白石市農業祭

生産者と消費者が一体となって収穫の喜びを分かち合おうと開催される白石の秋を代表するお祭りです。
会場には新米や柿、大根、白菜などの農作物や果物の展示・即売コーナーや、小学生の書道や絵画などの作品を展示するコーナーなどがあります。
同時に開催される物産展では白石の物産の地、姉妹都市である北海道登別市と神奈川県海老名市の地場産品も展示即売され、家族連れを中心に、大勢の人で賑わいます。

[日程] 11月第1周の土・日曜日
[場所] 白石市文化体育活動センター

カレンダー

白石城下菊花展

[11月]白石城下菊花展

毎年、11月上旬から中旬にかけて、白石城本丸で、「菊花展」が開催されます。
展示される200点を超える菊の花は、市内の愛好家が丹精込めて育てたものです。
また、開催中は展示のほか、菊の販売も行われています。見学は無料で、開催期間は開花時期によって変わりますのでお問合せてからお越し下さい。

[日程] 例年11月上旬
[場所] 白石城
[問い合わせ] 白石城管理事務所
[TEL] 0224-24-3030

カレンダー

みやぎ蔵王白石スキー場開き

[12月]みやぎ蔵王白石スキー場開き

南蔵王に冬山シーズンの到来を告げるもので、毎年十二月下旬に開催されています。
当日は安全祈願のほか、地元の分校児童によるプラカード滑降やスキースクールのインストラクターによる模範滑降が行われ、スキーシーズンの到来に華を添えます。
白石スキー場は、日本で初めてNPO(特定非営利活動法人)による、市民手づくりの運営が行われ、オープン当日は、リフト無料乗り放題などのサービスが実施されます。

[日程] 例年12月22日頃
[場所] みやぎ蔵王白石スキー場
[お問合せ先] みやぎ蔵王白石スキー場
[ホームページ] http://www.nposki.com

カレンダー