一般社団法人 白石市観光協会 オフィシャルサイト[観る:白石城]

歴史・ロマン・・・今、ここに蘇る。
伊達氏家臣片倉小十郎によって大改修がなされ、
以後明治維新まで二百六十余年間片倉氏の居城となった白石城は必須の観光スポットです。

白石城築城と城下町の発展

後三年の役(1083~1087年)で戦功を成した刈田左兵衛尉経元が白石の地を賜り、刈田氏と称してここに築城したのが始まりといわれています。

その後白石氏などの支配後、伊達氏の勢力下に入ったものの、天正十九年(1591年)豊臣秀吉は、この地方を没収し、会津若松城とともに蒲生氏郷に与えました。蒲生氏家臣蒲生源左衛門郷成は、白石城を改修し城主となりました。

慶長三年(1598年)上杉領となるや上杉氏家臣海甘糟備後守は白石城の再構築を行い居城しました。

慶長五年(1600年)関ヶ原合戦の直前、伊達政宗は白石城を攻略し、この地方は再び伊達領となって、石川大和昭光が一時城主となりました。

その後、伊達氏家臣片倉小十郎によって大改修がなされ、以後明治維新まで二百六十余年間片倉氏の居城となり、城下町として栄えました。

写真:白石城屏風画

平成に復元された白石城天守(三階櫓)

木造建築による完全復元天守として、平成七年三月に白石城が復元されました。

白石城天守は三階で、一階は東西九間×南北六間、三階は東西五間×南北三間の広さがあります。

高さは石垣天端から16.7m、戦後の木造復元天守では高さ、広さとも日本最大級を誇る城郭建築です。

現在の建築基準法では一三メートルを超える木造建築を建てることが禁じられていますが、白石城では建築基準法38条の建設大臣特別認定を受け、建てることが実現しました。

写真;白石城天守(三階櫓)の復元

伊達六十二万石のもう一つのお城

元和元年(1615年)に江戸幕府により発せられた一国一城令によって、各藩では大名の居城を残して領内の支城を全て破却しているが、仙台の伊達家の場合は、加賀の前田家における小松の城などとともに、領域の南を守る白石城が特別に残されました。

そのような事情から白石城では天守に相当する櫓を「大櫓」と呼び、城主片倉家の日記の中でも、天守とは記していません。

明治維新には戊辰戦争の際、薩長連合に対抗するための奧羽越列藩同盟(三十一藩)の盟約が白石城で結ばれ、公議府が置かれ輪王寺宮が滞城されました。

その後、按察府の設置、兵部省兵隊屯所になるなど、日本の歴史の転換期には一役を担う重要な城でした。

写真:白石城

白石城歴史探訪ミュージアム

白石城歴史探訪ミュージアムは白石城のある益岡公園内に位置し、片倉家ゆかりの品々や白石城復元の過程を紹介した展示室及び立体ハイビジョンによる上映室などがあります。 また、白石市の地場産品と白石城のお土産を中心とした売店・軽食コーナーもあります。

[住所]白石市益岡町1-16(益岡公園内)
[電話]0224-24-3030
[料金]白石城入館料:   大人300円・子供150円
立体ハイビジョン: 大人300円・子供150円
[交通]東北本線白石駅から徒歩10分
[営業]9:00~17:00
※11月から3月の期間は9:00~16:00(ミュージアムは除く)
[休 日]12月28日~12月31日
[駐車場]88台(大型可)
写真:白石城下絵図
マップのダウンロードはここをクリック